2011年03月29日

『翔ぶが如く』より

 「たとえていえば幕末の日本の志士的活動家ほど、不明快な情念でうごいていた連中はない。
(中略)
 攘夷をして実際に勝ったところでどうなるのか。どうなるということも、どうするということも考えなかった。昂奮状態にある婦人に似ていた。」文芸春秋刊 第三巻141頁より


 ちょっと引っ掛かった文章でした。
posted by 白圭 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

今ごろ『龍馬がゆく』読んでます

 今まで、私は坂本龍馬ってそんなに騒ぐような人物なのかな〜と思っていました。
 薩長同盟っていったって、仲立ちをしただけじゃないの?的な。なので、『龍馬伝』もきちんと観たことがありませんでした。

 そんな中、11月に実家へ帰ったときに親父の本棚にあった『龍馬がゆく』一巻を何とはなしに手に取ってみました。寝る前に10ページぐらい読んだだけでしたが、「おっ、意外とおもしろいな〜」と思っちゃいました。
 で、名古屋に帰ってから図書館で借りて読み始め、今六巻の途中です。幕末史もこれまで興味が持てませんでしたが、結局その前に読んでいた関ヶ原での西軍の不満が、結果的に明治維新から第二次大戦まで影響を及ぼしているのかと思うと、歴史の継続性みたいなものを感じました。
 「あ〜、日本人の陰湿さは、結局は家康、ひいては三河地方の人間性に起因するのか〜」などと思ったりして。

 で今日(っていうか日付的には昨日)、午前中に本業とは関係ないアグリカルチャーに関する話を聞いて、「お〜、これは日本の農業に革命が起きるな〜!」と一人興奮してしまいました。帰りの電車の中で読んだのがたまたま薩長同盟を締結する場面でした。
 いや〜、なんだか自分の興奮と龍馬の活動と勝手にシンクロさせて、一人で盛り上がってしまいました。

 最後は暗殺されるのだろうとは思いますが、どういう結末を迎えるのか楽しみながら読んでいる最中です。
posted by 白圭 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

今日のお昼と、図書館

 奄美の方々には何と申し上げていいのかわからない白圭です。

 今日も寒かったのですが、外でお昼を食べました。あまり遠くへ行きたくなかったので、会社の目の前の公園で弁当を広げました。私は西側のベンチに座ったのですが、おにぎりを一つ食べたぐらいに、公園の東側で見た顔の人物がどんどん集まってきました。
 何が始まるのかと思っていたら、どうやら消防訓練が行われたようでした。
 たまたま立ち寄った公園で、偶然というか何というか、気まずい感じになりました。


 さて、この前の日曜日にかみさんと図書館へ行きました。
 借りてきたのは
ポスト構造主義 (図解雑学)/大城 信哉

¥1,470
Amazon.co.jp


碁打秀行―私の履歴書 (大活字本シリーズ)/藤沢 秀行

¥3,045
Amazon.co.jp

の2冊です。
 本日、『図解雑学ポスト構造主義』を読み終えました。数少ない昔ながらの白圭読者の方はご存じかと思いますが、私は不定期で「構造主義」と「相対性理論」に知的好奇心がかき立てられる時期が訪れます。
 ジェンダーの話とか、国家の話、そもそも日本人って何?的な解説が載っていて、興味深かったです。目に見えない(と感じられる)権威に囚われていながら、現実にはその日その日を食べていくために権威に阿らねばならない自分が哀しいです。
 書かれていることの10%も理解できていませんが、そこはさすが図解雑学シリーズ、図が多くてわかったような気にさせてくれます。

 どなたか詳しい方、お薦めの本などをご紹介ください。
posted by 白圭 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

最近の本

 数日前に読み終えたのが、これ↓

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

 文庫本で全4巻ですが、次の展開が楽しみになった本でした。正直浅田次郎氏をばかにしていましたが、やくざの自慢話とはちがって筆力を感じました。

 今読んでいるのが、これ↓

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

 おそらく講演を記録しているのでしょう、話し言葉で書かれていますが、いかんせん人名が多く、通勤途中の寝ぼけ眼には理解できないことが多いです。2〜3度読み返して、初めて頭に入るような感じです。

 のだめと鋼錬の最新刊も買いましたが、どちらもクライマックスに向けて盛り上がってきましたね。

 それでは、また\(^_^
posted by 白圭 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

一大事〜

 ちばてつや先生が、ご自身のブログで体調についてコメントされています → これ

 私には何もできませんが、私の人格形成に多大な影響を与えてくれたちば先生、くれぐれもご自愛ください。
posted by 白圭 at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

『墨攻』読了

 最近、横浜に帰る機会が激減しましたが、それでも新幹線の中で読み続けていたのが『墨攻』(小学館文庫全8巻)でした。
 白圭はビッグコミック連載時にリアルタイムで読んでいたのですが、ほぼ10年振りに読み返してみると「あれ、こんな薄い話だったかな?」という感想を抱きました。
 梁城を墨守した辺りは読みごたえがありましたが、その後の韓→趙→秦→趙という流れはもっと壮大な話だったように記憶していました。意外とあっさり終わっちゃった感があります。
 とはいえ、非戦・不攻の墨家の教えをつらぬく革離の生き方は、現代の我々にも訴えかけるものがあります。
 ご興味がある方は、ぜひご一読ください。
posted by 白圭 at 11:28| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

最近買った本や雑誌

 最近、自分でもいい買い物をしていると密かに自慢げな白圭です。
 『BECK』34巻以降に買ったのは、以下の本というか雑誌です。

『三国志 第一巻』
『三国志 第二巻』
『Newton 12月号 虚数がよくわかる』
『ボクシング・ワールド 12月号』

 『三国志』は、宮城谷版です。今『猛嘗君』を読みかけているので、それが終わったらいよいよ突入します! まさか文庫本が出ているとは思わなかったので、書店で見かけたときは名古屋弁で言う「でらびっくり(!_+)」状態でした。

 『Newton』は、白圭は時折理系に関心が湧くことがあり、今回も「虚数」という考え方に惹かれました。書いてあることの10%も理解できていませんが(^^ゞ

 『ボクシング・ワールド』は新幹線の車内用に買いました。

 どれも満足に読み終えていませんが、当面新しい書物は必要なさそうな白圭でした(^_^)v
posted by 白圭 at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

教育テレビをつけたら、宮城谷昌光さんが孫子について語っています。たまたま、私が読んでいる『孟嘗君』三巻のあたりを解説してくれていて、すごい偶然です!!
明日、テキストを買おうっと(^^)v
posted by 白圭 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

『BECK』読了 ネタバレというのかな、ちょっとあり!

 今日書店で、34巻を見つけて購入しました。隣にあったガイドブックも併せて買いました。

 『ゴリラーマン』や『ストッパー毒島』で見せた、ハロルド作石の「置いてきぼり感」満載の終わり方とはだいぶ趣が異なっていました。少し長く書きすぎたお話かもしれませんね。本編中で登場人物に「夢オチ」を否定させているところが、逆にハロルド氏の「幕の降ろし方」への苦悩を表しているかのようでした。

 改めて思い知られたのは、コユキって確かに「自分の選択」に確信を持ち、「自分の道」を歩んできたんだな〜、ということです。強引でも頑なでもないのに、揺るがないキャラというのは希有な存在だったな〜と尊敬しました。

 強いて言えば、真帆の出番が少なかったことが残念です。「マンガ夜話」で東野幸治が指摘したように、『BECK』はお尻を描き続けた作品です。水着やレオタードの裾(?)を直すシーンがもっと見たかった(/_;)


 あ〜、これで「出ると買う」単行本は『のだめ』と『ハガレン』だけになってしまいました。あ、『オバカミーコ』を忘れてた!
posted by 白圭 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

今週の一歩

どーも(^O^)/ 薄くなったスーツの膝がどこか物悲しい白圭です。こんばんは。

宮田もランディも、世界が視野に入っているんですね。
残念ながら今の東洋チャンプには世界を語れる資格がなさそうな方もいますね(;_;)
posted by 白圭 at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

のだめとボクシングマガジン

 昨日、『のだめ』の21巻を買いました。横浜に置いてきた20巻の記憶があまりないので、前後のつながりが(いつもながら)よくわかりませんでしたが、今回はすんなり読み終えられました。
 突然きれるのだめよりは、いきなり求婚したり泣き出したりすがったりする心理状態の方が共感できます。混迷とまではいきませんが、先の展開が多少楽しみになってきました。

 『ボクシングマガジン』9月号も買いましたよ。こちらはほとんど読めていませんが、木村選手のインタビューはおもしろかったです! 海外で王座を奪取できそうな選手って、木村選手の他には思い当たりません。超期待している白圭です。

 先日買った『イヤな気持ちの整理学』は、かなり参考になりました。まだまだくじけがちになる白圭ですが、できるだけ短時間で気持ちを切り替えられるように心がけています。

 以上、お盆休み返上の白圭でした。
posted by 白圭 at 16:42| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

はじめの一歩

遅蒔きながら今日ファミマで立ち読みしました。
宮田、負けちゃうんでしょうかね( ̄〜 ̄)ξ
posted by 白圭 at 00:29| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

かろうじて

ボクシングマガジン8月号を買いました。
これが唯一のプライベートタイムでした。
つい今しがたまで仕事でした(;_;)
明日も明後日も遅くなります。
posted by 白圭 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

本にまつわるエトセトラ

 昨日の記事のコメント欄にも記載しましたが、新幹線に置き忘れた『蝉しぐれ』がどうやら保管されていたようなんです\(^^)/ 着払いで送ってもらうよう手続きをしました。忘れ物センターの係員の態度にはプチむかつきましたが、よかったです(^_^)v

 一昨日、山形の本屋で衝動買いした一冊が、これ → 「金哲彦のランニング・メソッド 羽が生えたように動きが軽くなる!」
 正直まだ端折りながら呼んでいるだけですが、今朝何週間振りかで走った感触は「気持ちいいかも!」でした。息が続かず、30分間走のところを22分でギブアップしましたが、下半身の疲労やいやな痛みは感じませんでした。時間と体力的余裕があれば、もう少し熟読して走り方を整えたいのですが、次にロードワークできるのはいつになることやら。
 とはいえ、ちょっとした意識の仕方でこんなに感覚が変わるのかと思いました。ウォーキングのやり方も書いてあるので、興味がある方はご一読されてはいかがでしょうかφ(.. )
posted by 白圭 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

し、しまったー( ̄□ ̄;)!!

 今日は仙台→盛岡→福島→仙台という、移動ばっかりの日です。
 盛岡行きの新幹線に、藤沢周平さんの『蝉しぐれ』を置いてきちゃいました(;_;) 本はもとより、長年愛用していたブックカバーが心残りです。一応駅員さんに聞いてみますが、あー、やっちゃいました( ̄〜 ̄)ξ
posted by 白圭 at 13:12| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

最近読み終えた本

 昨日、『楽毅』全4巻を読み終えました。



 中山国の宰相の息子・楽毅は故国滅亡の後、燕の将軍として斉の居城をほぼ全て制圧するのですが、二城を残して撤退した人です。斉を攻めるエピソードが司馬遷の『史記』に載っていますが、本書全4巻の中で斉攻めは4巻の終わりから二つめの章になってやっと登場します。宮城谷さんは、『史記』に掲載される前の楽毅の生き方にかなりの分量を割きました。
 いつものように、白圭がブックダーツを刺した箇所をご紹介します。

 「昭王のよさは、想念のなかに生じた感情の膿を、すばやく剔去(読み方注:てっきょ)することができるところにある。この場合も、自分の意向を楽毅に下策だといわれながら、怒って耳や目をそむけることをせず」さいごまで聴いて、燕にとって最善の道をえらんだ。」新潮文庫第四巻253Pより

 「−−信なる者は昌え、兵を窮むる者は亡ぶ。
 というのが、孫臏兵法の骨子である。」新潮文庫版第四巻262Pより

 周囲(部下)の話をよく聞くことの大切さを、歴史上の傑人は教えてくれますφ(.. )


 もう一冊が、昨日購入して今日読み終えた『人生がラクになる心の「立ち直り」術』です。
 自分を大切にしろ、といわれている気がしました。たんたんとやり過ごすことの大切さ、自分で抱えきれないことは周囲に助けを請うことに重要性など、今の白圭には感じ入るテーマが多く書かれていました。
posted by 白圭 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

本の衝動買いと、またまた同じ誕生日のボクサー発見!

 給料日前日にしては普段よりちょっぴり余裕があったので、丸善で衝動買いしちゃいました。
 一冊は、「図解雑学」シリーズでおなじみのナツメ社刊『パーフェクトストレッチ』。実は、HPを見るまでは「図解雑学」のずの字も浮かんでいませんでした(^^ゞ 写真が大きく、読みやすそうなので買っちゃいました。

 もう一冊は、『僕は運命を信じない』という本です。妙ちきりんな宗教の本ではありません! 元OPBFチャンピオン、坂本博之さんの生い立ちを綴った一冊です。まだ10頁ほどしか読めていませんが、な、なんと坂本選手は白圭と同じ誕生日でした!!
 12月30日生まれはボクサーが多いんです!(過去記事参照)。
 びっくり白圭でした(!_+)
posted by 白圭 at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

またまた『はじめの一歩』

 やばい。
 ローソンで立ち読みしながら、背筋が震えた(>y<;)
 千堂のジャブ、リアリティは感じなかったけど、凄かったッス!(^^)!
posted by 白圭 at 12:53| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

買っちゃいました

『不機嫌な職場』(講談社現代新書)

今日は日帰り東京出張で、今帰りの新幹線の中です。これから読みます。

ぎすぎすした職場は、いやなものですねー(>_<)
posted by 白圭 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

し、しまったぁ( ̄□ ̄;)!!

 今日買った近代麻雀連載中の『打姫オバカミーコ』第七巻、家に同じ本があるはず(>_<)

 今、仙台からの帰りの新幹線の中です(T_T)/~
posted by 白圭 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。