2011年01月09日

日本ライト級タイトルマッチ他 テレビ観戦記

 一昨日の初打ちで、小四喜を放銃した白圭です。こんばんは。
 年末の会社の麻雀大会でも、親に国士を振り込んじゃいました。今年の課題はディフェンスだな〜。

 今日は12時過ぎに起きて、新喜劇→録画していたアメトーーーーーーク特番→アバターとテレビ漬けの一日でした。
 アバター終了後、「やべぇ、忘れてた」的にG+にチャンネルを合わせたところ、湯場選手のインタビューでした。湯場選手はもちろん、藤原トレーナーのブログで頻繁にお名前を拝見していた細川選手も観たかったのですが・・・。

 で、今年初の試合観戦はOPBF東洋太平洋・日本スーパー・ウエルター級タイトルマッチ チャーリー太田選手VS丸元大成選手でした。
 丸元選手は、5年前(もうそんな昔になるのか〜)に山口選手との試合でOPBFウエルター級のタイトルを奪取した試合を生観戦したことがありました。パンチが当たってはいましたが、結果的にポイントが取れるようなダメージを与えられなかったのが痛かったですね。

 続いて、メインの日本ライト級タイトルマッチ 荒川仁人選手VS中森宏選手。
 中森選手は出身が宮城県ということで応援したいのですが、洋介山選手との試合でダウン後に加撃をしたり、五十嵐圭選手との試合で頭にエルボーを落とした場面を見たりと、あまりいい印象がありません。ブランクがあったりと苦労を重ねた上でのタイトルマッチだとは思いますが、精神面での成長がポイントかと思っていました。
 2Rのダウンは綺麗でしたね〜。
 中盤からはスタミナ切れかと思わせる場面が多々ありましたが、荒川選手のボディが効いていたというのもあるのでしょう。
 幕切れは唐突でしたが、試合後のリプレイを見ると最後は一方的に打ち込まれていました。陣営のコメントも特に文句をいうわけではなかったので、戦ってる側は致し方なし、という感じのストップだったのでしょうか?
 荒川選手は、試合運び同様、インタビューも正当派な感じでした。結構序盤でダウンする試合が多い印象ですが、その辺が課題なんでしょうかね〜。

 二試合だけでしたが、おもしろい興行でした。
posted by 白圭 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | BOXING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

あけましておめでとうございます

 今さらですが、元気にしております。

 昨日まで一週間休みでしたが、あっという間に終わっちゃいました。時間を無駄にする才能に磨きがかかったようです(^_^;

 あ、4、5日前に42歳になりました。今年はでかい仕事を手がけたいと思っています!

 もうちょっと更新頻度をあげていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。
posted by 白圭 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。